標準型STBでも、市販録画機と接続して高画質
デジタル録画が簡単にできます!

ケーブルテレビを簡単録画

※1チューナーのため、裏番組録画はできません。(録画中でもテレビ本体にて地デジがご覧いただけます)

 裏番組録画をご希望の場合は、ブルーレイ録画型STB・1テラハードディスク録画型STBをご利用下さい。

パイオニア製STB(BD-V371)を
ご利用の場合

パイオニア製STB(BD-V371)

LAN録画

その他、詳しくはパイオニア社サポートページをご覧ください。
ご注意:パイオニア製標準型STB(BD-V371)は、USB録画には対応しておりません。

パナソニック製STB(TZ-LS300P)を
ご利用の場合

パナソニック製STB(TZ-LS300P)

LAN録画

USBハードディスク録画

USBハードディスクに録画した番組は、CATV LAN録画に対応したレコーダーにムーブすることが出来ます。

(詳しくは各機器の取扱い説明書をご確認下さい。)

カンタンにキレイに残せる

※詳しくは各機器の取扱説明書をご覧下さい。


LAN録画に関するご注意

  • ●LAN録画は有線LAN接続でご利用下さい。(無線LAN接続でのLAN録画はメーカーの動作保証対象外です)
  • ●LANケーブルは、カテゴリー5以上のクロスケーブルを使用して下さい。(ルーター配下にする場合は、ストレートケーブルを使用して下さい。)
  • ●LAN録画の場合は、全てコピーワンスでの録画となります。
  • ●対応している録画機器は以下のURLをご覧下さい。
    http://www.jlabs.or.jp/judging/judging-dlna/dlna-equipment(パイオニア、パナソニック共通)
    http://panasonic.biz/broad/catv-support/lanrec/index.html(パナソニック)

USBハードディスク録画に関するご注意(本文中の「STB」とは同一機種ではなく、ご利用のSTB1個体をさします)

  • ●USBハードディスクは、機器登録作業が必要となり、専用のハードディスクとしてフォーマット(初期化)します。これまでにUSBハードディスクに保存していたデータは全て消去されます。
  • STBに登録されたUSBハードディスクは、登録したSTB1台でのみ使用可能となります。従って、動作不良や故障、機種変更などでSTBを交換した場合は、それまで使用していたUSBハードディスクに録画した番組を、交換後のSTBで視聴することはできません。(録画する場合も再登録・再フォーマットが必要となるため、それまで録画していた番組は全て消去されます)
  • ●STBでUSBハードディスクに録画した番組を他のSTBや、テレビ、パソコン等で再生することはできません。また、他の録画機器でUSBハードディスクに録画した番組を、STBで再生することもできません。
  • ●対応しているUSBハードディスクは以下のURLをご覧下さい。(3TB以上のモデルには対応しておりません)
    http://sol.panasonic.biz/catv-support/usb-hddlist.html#ls300
  • ●ハードディスクへの録画は一時的な保存に留め、大切な番組は必ずブルーレイ等の媒体にバックアップして下さい。
  • ●USB-HDDについてのご注意事項の詳細については、こちらをご覧下さい。

録画内容の補償に関する免責事項について

STB及び録画機器の故障、誤動作、接続機器の不具合、あるいは受信障害や停電などの原因により、正常に録画できなかった場合の内容の補償、録画した内容(データ)の損失、及び直接・間接の損害に対して、当社は一切の責任を負いません。また、本機を交換した場合等においても同様です。あらかじめご了承下さい。

新規加入キャンペーン

新規お申し込み・コース変更・ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

お客様センター

お申し込み・お問い合わせ

新規加入をご検討のお客さま

ご加入中のお客さま