メールウイルスチェックとは

メールウイルスチェックは、お客様のメールのウイルス検出および駆除を行うサービスです。お客様が送受信するメールにウイルスが検出された場合、ウイルスを駆除するサービスです。最新のシステムによるウイルスチェックをFCTVのサーバ上で行うため、ウイルスが除去されたメールを安心して送受信することができます。

ウイルスの危険性----自分や身の回りの人を守るためにもウイルス対策は必須です。
コンピュータウイルスとは、大切なデータの書き換えや消去、システムの破壊または他のお客様へウイルスメールを送信しようとするプログラムのことです。特に常時接続環境では、マシンへの不正侵入や不正動作の踏み台となり、自分の気が付かない間に、犯罪(情報漏洩、改ざんなど)や迷惑行為の加害者となる可能性があります。 ウイルス感染の90%はメール経由といわれています。

簡単!FCTVインターネットサービスなら、申し込み不要でウイルス対策!

  • ・お客様ご自身でのソフトのインストール作業は不要!
  • ・定期的なウイルス定義ファイルのアップデートが不要!
  • ・ご利用のOS(Windows、Macintosh、UNIXなど)に関わらずご利用可能!
  • ・メールサーバ側でのウイルス対策なのでご利用のマシンへの負担はゼロ!

※CD-ROMやフロッピーディスクなどからウイルスに感染する場合もございますので、ご注意ください。

お客様が送受信したメールの本文、添付ファイルに対してウイルスチェックを行います。

対象
FCTVインターネットサービスでご利用になっている全メールアカウント
料金
『無料』
対象OS
Windows、Macintosh、UNIXなどご利用OSを問いません。
メールの送信時
ウイルスチェックを行います。ただし送信メールサーバが正しく設定されている必要があります。
設定方法は下記の送信メールサーバの設定方法をご覧ください。
メールの受信時
ウイルスチェックを行います。

■難しい設定は必要ありません!

本サービスはメールサーバでウイルスチェックを行うため、お客様のパソコンへの設定やソフトウェアのインストールは全く必要ありません。
お客様の送受信するメールに対しウイルスチェックが開始されます。定義ファイルの更新などはFCTVで全て行います。お客様が必要な作業は全くありません。
⇒送信メールサーバの設定方法

■サポートするファイル形式

以下の形式のファイルに対してウイルスチェックを行います。

圧縮していないファイル
全てのファイルがウイルスチェックされます。
ただし、Macintoshファイルは対象外です。(Windows/Macintosh共通ファイルはチェックされます。)
圧縮ファイル
以下の圧縮ファイル形式がウイルスチェックされます。
Zip, UUEncode, MS-Compress, MIME, GNUZip, LZH, TAR, ARJ, HQX, Bz2

■ウイルス検出時の動作

受信メール(添付ファイル)にウィルスが検出された場合の処理

ウイルスを駆除後、対象メールおよび添付ファイルにウイルスを駆除した告知文を付けてお客様のメールボックスにお届けします。
ウイルスを駆除できない場合は、添付ファイルを削除して、ウイルスを駆除した告知文を付けてお客様のメールボックスにお届けします。

送信メールにウイルスが検出された場合の処理

ウイルスを駆除して対象メールを送信します。ウイルスを駆除できない場合は、添付ファイルを削除して送信します。いずれの場合も警告メールはお客様に届きません。

【参考】警告メールの内容

受信時
お客様宛のメールでウイルスを検出し、ウイルスを駆除・削除した場合

新規加入キャンペーン

新規お申し込み・コース変更・ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

お客様センター

お申し込み・お問い合わせ

新規加入をご検討のお客さま

ご加入中のお客さま